Top > マッサージ > リンパドレナージュとは

リンパドレナージュとは

リンパドレナージュは、リンパマッサージのテクニックのことを言います。

リンパ液の流れを良くして、それを活性化することで、体内の不要物、老廃物、体外へ排出するテクニックのことです。

マッサージで刺激を与えると、リンパや血液の流れが良くなります。

それによって、溜まった老廃物を流し、太り難いという体質改善にもなる技術です。

 

そもそも、リンパ液とは、どのようなものでしょうか?

リンパ管の中に、リンパ液が流れていますが、その流れはとてもゆるやかで、能動的です。

そして、血管の圧力や呼吸運動、また、筋肉の動きなどによって刺激を受け、受動的な流れを発生させて、リンパ液は運ばれています。

リンパ液というものは、常に体中を流れている血液とは違って、いろいろなものに影響を受けて、流れが滞ることがあります。

血液の場合は流れが悪くなっているということはあっても、通常は、体中を巡っているものであり、極端に滞っていたらそれは大きな病気になってしまいますよね。

その点、リンパ液は、疲労や、寒さ、ストレスなどによって、影響を受けやすい存在であり、流れが滞ってしまうことがあります。

滞ってしまったリンパの流れは、自分で促進させてあげる必要があります。

両手の指先を使って、優しくなでるようにマッサージすることで、リンパ液のスムーズな流れを助けてあげます。

それがリンパドレナージュです。

リンパ管は血管と違って、心臓のように、その液体を送り出すポンプ機能がありません。

 

マッサージで痛みをほぐす

マッサージ

関連エントリー
リンパドレナージュとは